せっかくお金をだして塗替えをするのだから後悔はしたくありませんよね?

お金をムダにしない・施工後後悔しないためには、本当に信頼できる業者を見つけることが一番大切です。
ここでは、あなたが業者選びで失敗しないよう押さえておくべきポイントを4つご用意しました。

1.値段だけで判断しない

select-01

信頼でき、なおかつ、価格がお値打ちな業者を選びましょう。価格については、単純に安さをアピールするのではなく、なぜお値打ちに提供できるのか”という根拠まで納得がいく説明をしてくれる業者に頼みましょう。
もし、納得のいく説明が得られない場合は要注意です!

2.口約束でなく、書面に残す

select-02

営業マンの人柄を見極めた後でも油断は大敵です。
その営業マンが気に入ったからといって、口約束だけで書面に残さないのは危険です

ポイントは見積もりの内容です。

・平米数が明記されているか?
・使用する塗料のメーカー、商品名が明記されているか?
・防水工事は含まれているか?
・付帯部一式になっていないか?

上記の内容がクリアーされている状態が大事です。
後でトラブルを防ぐためにも、工事の内容やお金についてはしっかり書面で残してくれる業者の方が安心です。

3.会社の実績と所在地をチェックする

select-03

まずその地域で実績がきちんとある会社なのかどうかをチェックします。

地元で実績のある会社であれば、安心である可能性が高くなります。
なぜなら、手抜き工事をする業者は施工から数年経つとボロが出てくるので、お客様からのクレームに繋がり、同じ地域に居続けられなくなるからです。

また、本社所在地が遠方の業者はターゲットを決めた地域で一定期間仕事をしてある程度見込が少なくなると他の地域に移ってしまう可能性があるので要注意です。

知り合いやタウンページ、インターネットを利用して、情報収集を行ないましょう。
また、ホームページやブログでその会社の仕事ぶりも確認することができますので必ずチェックしましょう。

4.プロとしての知識や提案を聞いてみる

select-04

大切な住まいを任せるのですから、プロの知識や経験は必須です。

「現在の家がどの様な状況であるか」
「どの様な工程で」
「どの様な材料を使い工事を行うか」
といった質問を業者にし、それに的確に答えられない、頼りないようであればその業者は避けるべきです

また、それぞれの家の状況に合わせた的確な提案やアドバイスが出来るかも担当者の力量だと言えます。

プロの業者なら塗料が用途ごとに一般的なものから付加価値の高いものまで様々な性能を持つものがあり、その金額にも大きく差があることを知っています。

さらに、プロとしては、その家を建てたハウスメーカーやその家の構造なども理解していないと適切な塗料の選択ができません。
構造などに関しても理解のある営業マンであることが理想です。

現場の状況と顧客の要望にあわせて幾通りかの見積もりプランを作成する事が出来て初めて本物といえるでしょう。
場合によっては契約前に、営業マンだけではなく、一度塗装を担当されている職人さんに会わせてもらうのも良いでしょう。