既存のフローリングの色はダーク色のため、男性的なイメージとクラシック調な感じでしたが、それを床と建具(ドア)をナチュラル色にする事で、明るく、より一層ファミリータイプのリビングと変わりました。

壁にはエコカラット
調湿・吸臭に優れた内装用タイル建材です。リノベーション物件に多く採用されています。
また、様々な形状があり、アクセント選びにお客様に好評です。


 

既存のキッチンは壁一面に広がり、とても広くて良かったですが、壁一面をキッチンにする事で、冷蔵庫の置く場所が、悩ましくなっていました。そこで、従来よりもキッチンをコンパクトにする事によって、キッチンと冷蔵庫を並べられるようにしました。また、汚れやすく、清掃しずらいタイルから白のキッチンパネルに変更。キッチン本体はダーク調、リビング全体は白でまとめ、キッチン本体の重厚感と、壁紙の白、フロアタイルのナチュラル色がうまく調和しています。


お客様から洗濯機、洗面、浴室を一つのスペースにまとめて欲しいとの要望で工事いたしました。お使いの洗濯機があったので、それを元にサイズを計算し、こうして洗面、洗濯機を並べました。浴室は在来工法からユニットバスに変更しました。


浴室は一日の疲れを癒す砂漠のオアシスのようなもの。昨今では、床に発泡ウレタンに使用したり、床パンには外断熱が施されたりと、様々な製品があります。こちらの施工は浴室のサイズこそは違いませんが、浴槽をスクエア型にする事によって、従来よりも幅が広がり、快適な時間がより一層感じられる仕上がりになりました。また、個人差はありますが、照明を電球色から白昼色にすることによって、その明るさにより、素敵な浴室時間を演出します。


間仕切り撤去、新設工事は、多く依頼される工事になります。
間仕切り壁ひとつによって、独身用からファミリータイプに変わります。
また、子供の成長に従って間仕切りを新設される方も多くいらっしゃいます。


従来の押入れからクローゼットに変更しました。昔ながらの押入れも二段に分かれ、使い勝手がいいですが、着丈の長いものが掛けれないの難点です。クローゼットにすれば、枕棚には、小物、下側には布団、そしてコートなど長いものはパイプハンガーに掛けれます。


お客様のご要望で従来のキッチンから、意匠性が高くて人気がある欧州メーカーのキッチンに変更しました。白調で統一し、開放感あるリビング空間となりました。日当たりの良いリビングでしたので、より白調のキッチンが映えています。


便器、壁紙、クッションフロアー、トイレ総リフォーム行いました。
お客様のご要望で、リモコン操作から手元操作のものに変更しました。


従来押し入れからクローゼットに変更。
一面、押入れだったので、縮小し、壁にする事によって、家具などの配置などがしやすくなりました。


リビング総リフォームです。
フロアーには厚みの薄いフロアタイルを施工。
建具はダーク調で揃え、キッチンをシック調で存在感がある仕上がりになりました。


既存の浴室は洗面所と一緒になっているタイプでした。タイル張りでとても足元がひんやりとしていましたが、洗面と2点セットのユニットバスに変更いたしました。出来れば、洗面所は独立してほしいものですが、スペース的に無理がありました。


和室から洋室へ。昨今、和室を残す方も多く、私自身も和室の有り難みを感じておりましたが、お客様のご要望で洋室から和室に変更いたしました。右側の壁面の下地処理は大変でしたが、うまくクロスも張る事ができました。