これから太陽光発電の導入を検討している方へ、太陽光発電のメリットやデメリット、太陽光発電を導入する前に知っておくべき事についてご紹介します。

太陽光発電のメリット

笑顔 女性

太陽光発電のメリットは色々あります。特にうれしいメリットをあげてみましょう。

クリーンなエネルギー

太陽光発電は、太陽光を利用するため、クリーンでエコなエネルギーです。発電時に地球温暖化の原因の一つであるCO2をほとんど排出しません。また、自然を利用するため、基本的に無尽蔵で発電できます。石油や石炭のような化石燃料と違い、枯渇する心配がなく、しかも無償です。

光熱費を削減できる

太陽光発電は、太陽光を利用するため、クリーンでエコなエネルギーです。発電時に地球温暖化の原因の一つであるCO2をほとんど排出しません。自然を利用するため、基本的に無尽蔵で発電できます。石油や石炭のような化石燃料と違い、枯渇する心配がなく、しかも無償です。

売電(電気を売ってお金に変える)できる

発電したら、電力は自分の家庭で使用することになりますが、余った電力は電力会社に売電することで収入を得ることができます。

補助金を受けられる

国や自治体から補助金を受けることができます。

災害や停電でいざという時に、発電した電力を使用できる

地震や台風、竜巻、程dんなどで電力が使えなくなった場合は発電した電力を使用することができます。実際に東北大震災ではテレビで情報収集したり携帯の充電や暖かい飲み物を作ったという声が寄せられています。

節電効果を高められる

節電する一方で、夜間など電力が足りなくなると買電しますが、その状況をモニターで把握することができます。そうすると節電する意識が自然と強まり、実際に節電効果として表われてきます。

設置場所を選ばないなどの効率性

騒音や排出物を出さないので、日射量を確保できさえすればどこにでも設置できます。システム構成が簡単で、場所の広さに合わせて規模を決めることができます。

設置費用が安くなってきている

一概に今後も安くなるとは言えませんが、補助金打ち切りで設置費用が少し安くなってきています。

そのほか、メンテナンスが比較的簡単などがあげられます。

太陽光発電にも、メリットばかりではありません。次はデメリットをみてみましょう。

太陽光発電のデメリット

うつむく 女性

発電量が不安定

季節や天候、時刻に左右され、安定した発電量が得られないデメリットがあり、日射がある昼間しか発電できず、日照時間、日射の強さに影響されます。雨や曇りの日は発電量が低下し、夜間は発電できません。

変換効率が低い

太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換する割合である変換効率が胆%前後(結晶シリコン系の場合)とまだ高いとはいえません。今後さらに効率的に発電するシステムが開発されてくるでしょう。

価格がまだ高い

太陽光発電の設置価格は、初期投資はそれなりの金額になりますが、大体5~10年で元が取れてその後に発電する分は利益になる計算になります。今後も普及にともなって設置価格は安くなると予想されますが、ただコストには工事費やアフターフォローなども含まれ、低下の見込みが少ない部分もあります。

天候に左右されて発電量が一定ではないのが弱点

太陽光発電の最大のデメリット?は天候に左右され、発電量が一定ではないことです。

補助金の打ち切り

太陽光発電の補助金の打ち切りは2014年度3月いっぱいで終了です。2013年度は補助金がメリットとなっていましたが2014年度は補助金の打ち切りがあるため、デメリットともなりそうです。

そのほか、引っ越しがしにくいメンテナンスが必要(保証期間内は無料)などがあります。

太陽光発電は設置するべき?

はてな

太陽光発電システムの価格は下げ止まり!売電価格は毎年安くなってきています。
37円 → 33〜35円

スマホの方はこちら

住宅用太陽光(10kW未満)

    平成26年度 平成27年度
買取価格 出力制御対応機器
設置義務なし
37円/kWh 33円/kWh
出力制御対応機器
設置義務あり(※2)
35円/kWh
買取期間 10年間 10年間 10年間

産業用太陽光発電(10kW以上)

  平成26年度 平成27年度
(4/1~6/30)
平成27年度
(7/1~)
買取価格(税抜) 32円/kWh 29円/kWh 27円/kWh
買取期間 20年間 20年間 20年間

参照:再生可能エネルギーの平成27年度の買取価格・賦課金を決定しました

2011年8月に再生可能エネルギー買い取り法案が可決して依頼、売電価格は年々下がっていますが、売電契約を結べば結んだ年から10年間は政府が買い取り価格を保証しているため、太陽光発電を早めに設置すればするほど、メリットは大きくなります。
※太陽光パネルの設置が1年度遅れるごとに売電価格が減っていくため。

もし、2015年に太陽光発電を契約すれば、その後10年間は政府の売電価格保証のもと設置費用を5年から10年で元を取りその後の売電価格はすべて収入となります。

また、収入の他に停電時や災害時は貯めた電力を使ったり、家庭でまかなう電気料金も太陽光発電で貯めた電気で補えるためデメリットよりメリットの方が大きいでしょう。

もし、設置を検討しているのであれば、売電価格が年々下がっていることを踏まえると2015年中に太陽光発電を設置し売電契約を結んだ方が、余った電気を今後10年間は高い値段で売電することができるため、早めに設置したほうがお得です。

なお、見積もりは一つの業者にするよりも複数の業者に見積もりをした方が20万〜50万程安くなるため一括見積もりサイトで見積もりをした方がお得です。
もちろん、見積もり無料でその後のしつこい営業もありませんし、合わないと思えば設置を見送った方がいいでしょう。

太陽光発電で失敗しないために知っておくべき4つのコト

アテンションマーク

太陽光発電は、導入をすれば誰でも必ず利益が出せるというわけではありません。
あまり表には出ない事ですが、太陽光発電を設置したけど失敗した…という方もかなりの割合でいらっしゃいます。

太陽光の価格や導入後の収支など、ネットで調べただけでははっきりとわからない事が多くあります。

見積りを出せばわかるかというと、そうでもなく、見積りで提示された価格が適正なのか、しっかりわかってないと判断できません。
しっかりリサーチをしないと、実際に導入したあとになって、大損してしまう…ということも。く

ちゃんと利益を出すためには、見積りの前に、次の4つの要素を確認しておきましょう。

自分の家が太陽光発電に向いているか

太陽光発電は、多くの場合は家の屋根に設置することになります。

しかし、屋根の形や材質というのはそれぞれの家で全く違います。例えば、屋根の材質が特殊で、普通の工事では設置できない場合などもあります。

それに、屋根の形によってはうまく太陽光が当たらないこともあるでしょう。

しかも太陽光発電は自然エネルギーですので、地域の気候などによっては多少発電量に上下があります。

生活スタイルが太陽光発電に向いているか

太陽光発電を導入するのなら、昼間の電気はなるべく使わない生活スタイルの方が向いています。

なぜなら、昼間に電気を使ってしまうと、売電する分がなくなってしまうからです。

もし昼間に電気をかなり使う家の場合、利益を出す事は難しいかもしれません。

初期投資はできるだけ抑える

初期投資はできるだけ抑えないと回収するまでに時間がかかります。

20年で300万円分の発電出来るシステムを200万円で買えば100万円の利益です。

しかし、300万円で買ってしまえば利益は0です。

特別安く買う必要はありませんが、適正価格を知らずに高く購入してしまう人も多いもの。

信頼できる業者に依頼すること

太陽光発電は、基本的にメンテナンスフリーです。ランニングコストもほとんどかかりません。

しかし、不慣れな業者に施工を依頼すると、どこかが壊れてしまったり、修理が必要になったりで、余計なランニングコストがかかってしまう可能性があります。

物によっては数十万円程度かかるので、これが発生するだけでもかなり大損してしまうことになります。

4要素をふまえた上で、見積りは複数の業者に依頼する

太陽光発電

以上4点が、太陽光発電導入で大事な要素です。

しかし、大半ははじめて太陽光発電を設置するという人でしょう。4要素を自分で確実に見極めるのはなかなか難しいものです。

太陽光発電の補助金などを管理しているJ-PECも、webサイトで促していますが、「太陽光発電システムを導入・設置の際は、よく検討して」業者を選びましょう。

太陽光発電の価格や施工の信頼性などは、その業者によって全く異なりますので、見積りは複数の業者に依頼して慎重に判断するべきです。