ピュアライドUVプロテクトクリヤーとは?

img01

UVプロテクトクリヤーは、日本ペイント株式会社が開発した、新築時の外壁状態を守る耐久性・超低汚染性のある塗料です。

近年、色や柄なども豊富なことや手軽さ等が理由で外壁にサイディング等の貼りものを施工する住居も多いと思います。しかしながら、気に入って選んだ柄や色は10年も過ぎると色褪せ、塗り替えリフォームを頼んでみたら単色塗りしか出来ない、そんなこともありえます。 そうならない為に、UVプロテクトクリヤーを塗ることで、壁の劣化を防ぎ、美観を維持出来ます。

色合いやデザインを損なうことなく外壁を守るUVプロテクトクリヤーの特長をご紹介します。

耐久性

uv

img02

UVプロテクトクリヤーは、セラミック系樹脂を使用し、緻密で強力に結合した分子構造と紫外線吸収剤の働きで、外壁の劣化を長期間おさえます
UVプロテクトクリヤーなら、サイディングボードを新築時に近い風合いのまま、長期に維持できます。

超低汚染性

img03

屋外にて塗板を暴露し、雨筋状の汚れの付く程度を目視により測定。
一般シリコン樹脂塗料やウレタン樹脂塗料と比べて、雨筋状の汚れが少ないことがわかります。

img04

雨垂れによる汚染などを防止するためには、塗膜表面が水に馴染むような性質(親水性)であることが重要です。

カーボン等の汚染物質には油の性質があり、塗膜表面も水をはじくような油の性質(親油性)を持っていると、汚染物質が表面に付着しやすくなります。 しかし塗膜表面が親水性であると、油の性質の汚染物質は付着しにくく、降雨時の雨水が表面の汚れを浮かして流すことができます。

防藻・防カビ性

img05

UCプロテクトクリヤーには、防藻・防カビ性があり、嫌なカビ菌や藻の発生を長期間に渡り抑制することができます。
結果として、家の外観を長期間清潔に、美観を維持し保つことが可能です。